2012年5月9日水曜日

ニャンニャのロトになるために


ボクがニャンニャ・ファミリーの一員になって
3週間が経ちました。
でもまだ完全にニャンニャのロトとは言えません。
だってまだみんなに受け入れて貰えてないから。

ボクは毎晩、
リードを付けられて
ニャンニャ・ルームにおジャマしています。


爽也さんと飛雄吾さんに貰われて嬉しかったけど、
まさか先住さんが4ニャンもいるとは・・・
ビックリしちゃいました。


それにしてもヒトが暮らしているとは
思えないほどの遊具や玩具がいっぱい。
ワクワクするけどみんなの目が怖くって・・・


前のお家では
キッチンに上がったら怒られたのに・・・
ここはみんな好き勝手に暮らしてるみたい。

歓迎されてないボクの訪問を
唯一、暖かく迎えてくれるのはルカさん。


ルカさんはとっても優しい。


でもルカさん、自分が大好きなお方のようだ。


ルカさんはいつも堂々としてる。
ボクは野良猫のボスにイジメられて来たから
実は猫が少し苦手。
でもルカさんは優しいから大好き。


ちぃ兄ちゃんって・・・
ちょっとベタな感じもするけど・・・


ここは可愛く従うべきなのかな?

レン君は先日、
ボクが飛び掛かったことを根に持ってるようだ。
反省してるんだけどなぁ。


ケージ越しでは優しくしてくれるのに
ボクがニャンニャ・ルームを訪問すると
何故か冷たい。


どうも年下が苦手らしい。

ボクが今、
気に入ってる玩具がこれ。


この玩具はホントに楽しい。


この玩具はレン君のらしい。
でも貸してくれるって・・・
レン君と早く仲良くなりたいな。

この家には
クールでカッコイイお姉さんがいる。


ちょっと冷たいが魅力的なお姉さんだ。


そんなララ姉さんが
ボクのじゃらしのセンスを褒めてくれた。
嬉しい。


ルカさん、
いや、ちぃ兄ちゃんが
じゃらしについて為になる助言をくれた。
有難いな。

ボクはまだ肝心なお方に
家族になるお許しを得ていない。
この家のボスだ。


爽也さんも飛雄吾さんもこのボスの下僕のようだ。
名はリュウというらしい。
名前からして強そうだ。


とにかく貫禄あって怖い。
きっと強く逞しいお方なのだろう。
早く、ボスに気に入って貰わなきゃ。

ケージの中でのお留守番はちょっと退屈だけど
この生活も案外、悪くない。


だって・・・ 


この家のご飯、めちゃウマなんだもん!


こうやって愛情も独占できるしね。
でも・・・


ボク、明日も頑張ります。