2012年2月17日金曜日

武勇伝


ララ姉、リュウ君、ルカたん、レン。
どの子もみんないつまでも元気でいて貰いたいけれど、
「一番病気になられて困るのはリュウ君だね。」
と僕らはいつも話していた。


普段は優しくて臆病なリュウ君、
実はとても強者なのです。

それは2月13日、
今週の月曜日の出来事です。

薬の効果で癲癇の発作も治まり、
今までのリュウ君に戻って来ました。
怖いのは薬の副作用、
その日は血液検査をするために
飛雄吾くんがリュウ君を動物病院に連れて行きました。


実はちょっとした事件があって・・・
飛雄吾くんが掌を負傷してしまいました。


レンは優しいね!

そう、僕らは整骨院を経営しています。
患者さんにマッサージをしなければなりません。
掌の怪我は痛い!


大丈夫!
怪我の処置はプロですから心配しないで!


テーピングと包帯ネットだよ。


ルカた〜ん!


まあ、「暴れたのか?」と聞かれれば・・・そうです。


ララ姉、大丈夫ですよ。
掛かり付けのM動物病院ではありませんから。
ララ姉は行くことはないと思います。

病院通いのスペシャリストのルカたんは余裕です。


手足の怪我の触診などが
長引いて
我慢の限界に達してしまったリュウ君。
先生と助手さん3人掛かりで
抑えつけてエリザベス・カラーを
付けようとしていたそうです。
一瞬の隙を付いてベットから飛び降りて
診察室内を逃げ回りました。

慌てた飛雄吾くんが
捕獲しようと手を出した際に
後ろ足の爪でザックリ・・・


親ばかな飛雄吾くんは
「逃げ回れるほど元気になったんだね」ってニッコリ。


先生はリュウ君の病気を治そうと
頑張って下さってるんだよ。


まだ抵抗を繰り返すつもりなんだ?!

結局、この日は血液検査は出来ませんでした。
元気に逃げまわるリュウ君に先生は
「少しお薬を減らしてみましょう。」
と仰ったそうです。

やれやれ、困ったお坊ちゃまです。