2011年11月10日木曜日

僕、3歳になりました。


今日はリュウ君のお誕生日。
3歳になりました。

一番最初に「おめでとう」を言ったのは
リュウ君大好きっ子のレン坊でした。


3歳だもん、まだおめでたいじゃない!


ホント、ゴメンね。
ルカたんの前でケーキは食べれませんからね。


確かに白髪は増えたけれど
ケーキくらいは買えるんですよ。


リュウ君の老後は大丈夫だよ。
「ニャンニャ貯金」してるし・・・


は~い!
頑張りま~す!

てな理由で今年はお誕生会は行わないので
写真で綴るリュウ君のキセキをお届けします。


リュウ君のうちの子記念日は
2009年の1月29日。
この写真はうちにやって来る前にブリーダーさんが
送って下さった貴重な一枚です。


うちにやって来たばかりのリュウ君は
僕らを避け続けていました。
ララ姉だけが心のよりどころだったようです。


今じゃニャンニャで一番大きなリュウ君も
500mlのペットボトルほどの大きさでした。


元気にスクスク育ってくれているリュウ君。
でももし僕らに何かがあったら・・・
一番心配なのはリュウ君です。


僕らだけにしか心を許していないからです。
先日、猫大好きな女友達がうちに遊びに来たのですが
リュウ君だけは
彼女が帰るまで物陰に隠れていました。


大好きなクリスピーキッスも
がっついたみんなに押されて
なかなか食べることが出来ません。


本当に奥ゆかしい子なんです。

そんなリュウ君が大きく変わったのは
レンが弟になってからです。


レンがやって来た頃の一枚。
レンを避けていつも物陰に隠れていました。


物怖じしないレン。
リュウ君が大好きなレンは
嫌がられても嫌がられても
コミュニケーションを取り続けます。


そしてリュウ君は次第に
天真爛漫なレンを受け入れていきます。
今では慕われるということに
喜びを感じているようにも見えます。


リュウ君は今、
ニャンニャの中で一番の成長株です。


尊敬していたララ姉を
越えようと必死なリュウ君。


目下、ララ姉のいる壁の向こう側に行こうと
もがいております。


ルカたんとは良いお話相手。
このツーショットも案外多いんですよ。


家族が一番、お家が一番なリュウ君、
3歳のお誕生日おめでとう。
いつまでも僕らだけの猫でいておくれ。