2011年6月10日金曜日

猫を飼うということ


今クール欠かさずに観たテレビドラマ。


本日、最終回です。

動物を飼ういうこと
考えさせられながら観ています。
サブタイトルが暗示している通り、楽しいことばかりじゃない。
最近、涙腺が弱くなって
毎回、ズルズルやってます。


2歳のララ姉、リュウ君、ルカたん
1歳になったレン
この時間はもう二度と訪れないのだから
今を大切に生きなければ・・・


さて今日のお話はリュウ君。
実はリュウ君
ここ一カ月の間に数回、粗相をしてしまいました。
リュウ君の名誉のために付け加えておくと
普段はトイレをとってもキレイに使ってくれるし、
用を足した後に知らせてもくれる
優等生なんですよ。
では何故、粗相をしてしまうのだろう?


リュウ君は本当に奥ゆかしい子なので
自分が気に入った場所があっても
積極的に来られると譲ってしまいます。


レンにしつこく付きまとわれて
ウンザリしてることもあるでしょう。


いつでもリュウ君は受け入れて、譲るのです。

震災前はリュウ君だけがホッと出来る隠れ家が
いくつかあったんです。


地震の際に安全なように模様替えしたので
リュウ君の隠れる所は減ってしまいました。


夕食後、
みんなは遊んで貰いたくって
僕らの傍をうろうろし始めます。
リュウ君だけは、その輪の外にいます。
本当は自分も遊んで貰いたいのに
気後れしてしまうようなんです。


僕らは必要以上にリュウ君と
スキンシップを取っています。
もしかしたらニャンニャの中で一番、
頭を撫でて名前を呼んでいるかもしれません。

リュウ君が何を感じて
粗相をしてしまうのか?
ぜひ聞いてみたい。
何だったら男同士一杯飲みながら
思いのたけをぶつけて欲しいくらいです。


早朝、僕はひんやりとした感覚で目が覚めました。

リュウ君、僕のお布団でやってくれました。
しかも掛け布団と敷布団、両方に(泣)
布団を干したままでは仕事には出れないので
いらなくなったタオルで水分を抜き、
塩素消毒をして、
ドライヤーをかけました。
リュウ君はその様子を物陰からじっと見ていました。

リュウくぅ~ん!

僕の悲痛な呼びかけに
頭を突き出して「撫でてくれ」と要求。
可愛くってつい撫ででしまいました。


僕は微妙に香る
リュウ君のおもらし布団で3日間、寝ました。


昨日はお休み。
やっとお布団を天日干ししました。


猫と暮らすということ・・・


もっと心の声を聞いてあげられるようになりたい。


どんな小さなことも
決して見逃さない家族でありたい。

リュウ君の粗相は僕らへのメッセージだと思っています。
まだその答えは見つけられないけれど、
きっとそのうち見つけますよ。
リュウ君、待っててね。

・・・ 追記 ・・・

「the Visitor」にコメント、ツイート有り難うございました。

うちは8階です。
「虫はそんなに来ないでしょ?」とよく言われますが、
「とんでもない!」です。

蚊なんて賢いですよ。
人と一緒にエレベーターに乗り込んで来ますから。

虫が窓越しにやって来ると
ニャンニャたちは取り憑かれたように
見入っています。
あまり僕らを相手にしてくれなくなるので
軽く虫にジェラシーです。

----------------------------------------------------

ランキングに参加しています。
必死にメッセージを送ってる
心優しいリュウ君に応援のポチをお願いします。

にほんブログ村 猫ブログ アメショーへ ポチっとお願いしますニャ


コメントを投稿