2011年4月13日水曜日

悪い癖


借りぐらしの一ヶ月近く
ニャンニャたちと毎日ずっと一緒に過ごした。


もともと
周りの人が引いてしまうくらいに
ニャンニャにゾッコンだったけれど、
この借りぐらしを経て
その愛おしさはさらに増した。


リュウくんの安心しきった寝顔。
ギュッと抱きしめたくなる。
そんなことしたら暫くは警戒されますけどね・・・


レンはこうやって遊びの催促をする。


ビリヤードのように
コツンコツンとボールがぶつかり合う音。
そんな音さえも愛おしい。


自宅に帰って来てからも
余震が続いています。


2台の監視カメラを設置して
職場からニャンニャの安否を確認しています。


少し大きい余震があると
みんな一緒に避難しています。


何も倒れるものもなく
とりあえず安心してはいますが、
ニャンニャにかかるストレスを考えると
胸が張り裂けそうです。

そうだ!
良い考えがある!


みんな不安でしょうから
今日から暫くはみんなで一緒にリビングで寝ましょう!


レン、照れなくっても良いんだよ!


一緒に寝れば節電にもなりますしね。

さあリュウくん、
敷居の上に乗っかってないでこっちにいらしゃい!


どうしたの?
借りぐらしではみんな甘えん坊だったのに・・・

ルカたんは来るよね?


みんなどうしたの?

ララ姉~!
一緒に寝ましょうよ~!


そんなことはありませんよ!
みんな一緒にいれば
いざという時に心強いでしょ!


悪いクセって・・・
まあ、それも一理あるけどね・・・


・・・ 追記 ・・・

僕らの前では
元気で明るいニャンニャたちですが、
4月11日(月)の夕方に起こった余震では
相当にショックを受けていました。

余震が起こった直後から
監視カメラにニャンニャたちの姿が映らなくなりました。
部屋は物が倒れたり落ちたりしている形跡は
なかったので少し安心しましたが、
気になって仕方がありませんでした。

最後の患者さんがお帰りになって
大慌てで帰宅しました。

「ただいま~!」
いつもなら玄関まで来て待っているのに
誰も出て来ません。

最近の傾向でニャンニャたちの避難場所は
検討が付いていたので
そっと覗いてみると
みんなが肩を寄せ合って
僕らの方を見つめ返してきました。
押入れの下段に作った秘密基地です。


なんとも可愛い。
なんとも切ない。

でも僕らの街よりもっと揺れがひどい地域で頑張ってる子も
心ならずも飼い主さんと離れて暮らしている子も
不安な中ひとりでお留守番している子もいます。

今はみんなが頑張ってるときだから
もう少し頑張ろうね。

----------------------------------------------------

ランキングに参加しています。
嬉しいクセに照れちゃって素直じゃない(?)レンに
応援のポチをお願いします。

にほんブログ村 猫ブログ アメショーへ ポチっとお願いしますニャ


コメントを投稿