2010年11月7日日曜日

もしかして、猫 飼ってます?


おはようございます。
「ニャンニャ・ミーア!」へようこそ!


この場所は我らが整骨院の待合室。
さりげなく猫グッズや猫の本が置いてある。


ララ姉は保護してから2ヶ月間、
毎日、僕らと一緒にこの整骨院に通勤していた。


バックルームに猫ベッドとトイレを用意した。
赤ちゃんのララ姉はそこでよく眠っていた。


患者さんの中には、猫好きさんや猫と暮らしてる人も多い。
そんな人はいち早く、ララ姉の気配を感じて
「ねえ先生、ここに猫がいるの?」
こう尋ねてきます。


事情を話すと
「うちにもネコちゃんが二匹いてね・・・」
という具合に話が弾むのである。


ララ姉が人好きなのは幼少期に
たくさんの患者さんに抱っこして貰ったからだろう。


それを機に
うちの整骨院は「猫好きさん大歓迎」な
整骨院になった。


ベッドに患者さんを案内する。
着ている服を見れば、猫と暮らしているどうか、
案外わかってしまう。


着ている服に毛が付いているからである。
そんなときはこう繰り出すのである。


もしかして、猫、飼ってます?


そうと決まれば
猫談義に花が咲くのである。


愛猫に先立たれた80歳の老夫婦。
悲しみに暮れていると、天使のような子猫が自宅の庭に
迷いこんできた。
自分たちの年齢を考えるともう飼ってあげられない。
諦めかけているとやはり猫好きな娘さんはこう言いました。
「私がその子猫を責任持って看取ってあげるから、
飼って可愛がってあげなさい。」

その日から、老夫婦の生活は一変しました。
表情も明るくなって、
今もその子猫タロちゃんと元気に暮らしています。


「時は金なり」なんて言いますが、
うちの整骨院、
猫さんの話を始めると
ついつい話が弾んでマッサージが長くなってしまいます。

そしてそこには穏やかで優しい時間が流れるのです。

----------------------------------------------------

ランキングに参加しています。
今日のブログの写真はお蔵入りしかけてた写真たちです。
日の目を見たニャンニャの表情にポチをお願いします。

にほんブログ村 猫ブログ アメショーへ ポチっとお願いしますニャ
コメントを投稿