2010年10月15日金曜日

不幸中の幸い~レンの首輪の事故について~


10月10日の深夜
正確には11日未明かな。
そろそろ寝ようと思っていた頃に事故は起きた。

飛雄吾くんは居間にいて、僕は台所でお茶を入れていた。

それを知らせてくれたのはリュウくんである。
何だか落ち付かない様子で
ニャン部屋と台所を行ったり来たりしている。
リュウくんは用を足すと「片付けて!」と
必ず知らせに来る。
だだこの時の様子はいつものそれとは違っていた。


「どうしたの?リュウくん?何かあったの?」

ニャン部屋をのぞいて僕は氷ついてしまった。

「大変だ~!レンがぁ~!」
正気を失っていた。

遠目に見たのでは状況が理解出来ず
レンが口から血を流して痙攣してるように見えた。

慌てて抱きかかえると首輪が猿ぐつわになっていた。
苦しくってもがくから首輪はどんどん口に喰い込んでいく。


大の男二人が押さえても
レンの暴れるのを抑え切れない。
こっちもパニックになっている。
猫との暮らしのベテランさんなら
もっと冷静に対処出来たのだろう。

のたうち回るレンと正気じゃない僕らに
リュウくんもルカたんも恐怖を感じておたおたしている。
死に物狂いの抵抗。



よく覚えてはいないのだがララ姉だけは僕らの傍で
状況を見守っていたように思う。

首輪は外れなかった。
結局、飛雄吾くんが押さえて
僕がキッチンバサミで切る事に・・・
本当はもっと切れるハサミがあるのに気が動転していたのだ。
このキッチンバサミは本当に切れ味が悪い。
なかなか切れない。
レンの身体と首輪の間に刃を入れる。
力を入れるのが怖かった。

飛雄吾くんにせかされて思いっきり力を入れた。

「切れたぁ~!」

うっすらと血痕が残る首輪。
自分たちへの戒めに取っておこうと思う。

レンを直視するのが怖かった。
タオルをお湯でぬらして身体を拭こうと手を緩めると
洗濯乾燥機の下に隠れてしまった。


そうとう怖かったに違いない。

ララ姉、リュウくん、ルカたんが
順々にレンの様子を見にやって来た。




リュウくんもルカたんも
僕らがレンに危害を加えたと思ったのか、
何故かとても冷たかった。

レンはすぐに落ち着きを取り戻し
暖かいタオルで身体を拭かせてくれた。
その時にはすでに出血は止まっていた。

その夜は興奮状態でちゃんと寝た気がしなかった。

レンが割に普段通りなのに対し
ララ姉もリュウくんもルカたんも
何となく余所余所しく
代わる代わるにやって来てはレン様子を
うかがっているようだった。

いつのまにかすっかり家族になっているんだな。
長い留守番を4ニャンでしてるんだもんね。
そんな光景を目の当たりして眼がしらが熱くなった。

それはともあれ
今回の事故。
たまたま僕ら二人が在宅中に起こった。
これがもし・・・
考えただけでゾッとする。
まさに不幸中の幸いである。

「なぜ、レンにだけ首輪を?」と質問を受けました。
じっとしていないレンの所在の確認と
真っ黒なので踏み付けそうになった事があったので
鈴付きの首輪を付けました。
でも一番は青い首輪が
とっても似合うからかもしれない。
でもしばらく首輪はお休みします。
もし今後首輪を付ける場合は
僕らは在宅中のときだけにします。

上の首輪は安全装置付きの首輪。
すでに買ってあったのに何故、早く付け替えなかったか!


これからのブログのレンの写真に
青い首輪が付いていたら
事故前に撮影されたものですのでご了承下さい。


・・・ その翌朝 ・・・

昨夜はお手柄だったリュウくんとレン。


普段はマイペースなリュウくんの優しい一面を見ました。
いざとなったら頼りになるんだなあ〜。


レン、ちゃんとお礼言えたね。


リュウくん、本当にありがとう!


・・・ そして昨日 ・・・


来週に迫った「去勢手術」に備えた検診。
切れてしまった口も診てもらいます。


あんな怖いことがあったのに
レンは以前にも増して元気いっぱい。
健診結果も口の傷も問題なしでした。
「健康体」のお墨付き頂きました。

今回、僕らはこの子の
天真爛漫な性格に本当に救われました。

レン、本当にごめんね。
そして来週・・・
もう決めたことなのに
僕らはなんとなく気が重いのです。
----------------------------------------------------

ランキングに参加しています。
記事作りの励みになりますのでポチをお願いします。

にほんブログ村 猫ブログ アメショーへ ポチっとお願いしますニャ
コメントを投稿