2010年8月24日火曜日

家族の肖像〜リュウくんの憂鬱〜


リュウくん、ごめんね。
何の相談もなく、家族を増やしちゃって・・・

リュウくんはレンがやって来てから
食欲は無くなるし
トイレにも行けなくなりました。


高い所や本棚の裏に隠れてばかり。

リュウくんは変化に弱い子です。

思い返せばうちの子になったときも
1ヶ月間に渡って
僕らを避け続けたくらいです。


レンは日中、ケージに入れられているせいか
僕らが帰宅して自由になると
大はしゃぎです。

好奇心旺盛なレンは
リュウくんとも遊びたくってたまりません。


でもリュウくんと
じゃれ合うにはまだ早い。

ねえ、リュウくん!
レンはまだ子猫だから
一緒に遊びたくてたまらないんだよ!
少し遊んであげたら。


そうだね。
リュウくんのペースで構わないよ。


翌朝、
リュウくんのお気に入りのプレイサーキットで
遊ぶレンを
恨めしそうに見てるリュウくん。

それでも距離は縮まっています。


ねえ、一緒に遊んだら!


その砕けた腰つき
可愛いなあ〜!


ごめんね。
リュウくんのお腹の調子が悪いから
もう少しケージで我慢してね。


リュウくんも戦ってくれている。
それは痛いほどわかる。

リュウくんを迎える前
「グーグーだって猫である」という映画を観た。
キョンキョンに
甘える子猫のアメショーに憧れた。
実際にやって来た子猫のリュウくんは
僕らに指一本触れさせません
って空気を醸しだしていた。

でも僕らはすぐに
そんなリュウくんの虜になった。
ちょっと不器用なリュウくんが大好きだ。


僕らが帰宅して
レンが部屋で飛び回ってる間、
リュウくんは、レンのケージを探索していた。

ゆっくり時間をかけて
中を物色し、ニオイを嗅いでいる。


これがリュウくんのプロセスなんだろう。

いきなりレンを部屋に放った僕らを許してね。


翌朝
窓際にふたつのシルエット。


リュウくん、
焦らないでいいよ。
レンも僕らも
リュウくんのOKが出るまで待ってるからね。

・・・予告・・・

明日はシリーズ最終回
「家族の肖像〜レンの純真〜」
をお届けします。

----------------------------------------------------
にほんブログ村 猫ブログ アメショーへ ポチっとお願いしますニャ
コメントを投稿