2010年8月3日火曜日

ペットショップのさびしんぼう


今や、やんちゃで食いしん坊のイメージの
ルカたんなのですが、かつては
だったのです。

帰宅して夕食を食べ終えたらすぐさま
遊べと要求。


ちょっと待って下さいよ。
少し休ませて下さい。


って、まだ5分も経ってないのに・・・
わかりましたよ!!


遊びたくって仕方がないみたい。
長い時間、お留守番して貰ってるから、
僕もついつい甘くなりがち。


でもその喜びようったらない。


こっちも楽しくなって来るから不思議だ。

「ペットショップのさびしんぼう」
本当に小さくって軽かった。

いつもお腹を空かせていたのだろう。
可哀想に・・・
その反動なのか??


食への執着は強い。
何でも食べる。
でも残念なことにお腹が弱い。


キラキラ輝く瞳に負けて
サプリメントを飲ませながら
食べる喜びを少しでも満たしてあげよう
と僕らも必死だ。


お腹の調子も安定して
今じゃこのまんまるお顔。

少しダイエットしなくっちゃね!!


さびしそうにペットショップのケージの中から
僕らを見つめていたルカたん。
少なく見積もっても4ヶ月くらいは
ペットショップにいたんだろうな・・・

今は幸せかな??


痛っ!
何するの!!

・・・おまけ・・・
3日間にわたって「さびしんぼう」の記事を
書きました。


「さびしんぼう」は僕の大好きな日本映画のタイトルです。
1985年に公開された大林宣彦監督の作品です。
尾道が舞台で前編にショパンの「別れの曲」が流れる
ノスタルジックな映画です。

10代でピュアだった自分にちょっとだけ戻れる映画です。
----------------------------------------------------
にほんブログ村 猫ブログ アメショーへ ポチっとお願いしますニャ

ぽちっ!とね2 ポチっと2もお願い出来ますか
コメントを投稿