2010年6月28日月曜日

Nyannya Story 1

ある晴れた日の午後

押入れの隙間からひょっこり現れたTOYS


暗くて狭くて埃っぽいダンボールの中から
やっとのことで這い出して来ました。


明るい陽の差し込む部屋で再会を喜び
みんなで遊び始めました。


TOYSのはしゃぎ遊ぶ声で
ララ姉は昼寝から目覚めました。


ララ姉はカウボーイのTOYが一目で
気に入りました。


ララ姉は逃げ遅れたメガネのTOYに
「あのカウボーイのTOYはなんて名前なの?」
と聞きました。


ルカたんも起きてきて
お部屋の侵入者に近寄っていきました。


りゅうくんもビクビクしながらも
カウボーイのTOYに近づきました。


ララ姉の一声で
ニャンニャとTOYSはすっかり仲良くなりました。


カウボーイのTOYの名前はウッディ。
TOYSのリーダーでした。
ウッディは自分たちは、
爽也と飛雄吾にすっかり飽きられたから、
近いうちに捨てられるか、
運が良くてフリマに出されるだろうと言いました。


ルカたんはとっても悲しくなりました。


ルカたんはウッディ達を
なんとかして守ってあげたいと思いました。


でもルカたんは、
この一大事を背負う知恵も勇気もありません。

ルカたんは、ララ姉のもとへ急ぎます。
ララ姉なら何とかしてくれると信じていたからです。

友情に目覚めたルカたん、
ウッディにほのかな恋心を抱くララ姉、
マイペースなリュウくん、
果たしてニャンニャの力でウッディ達を救う事が
出来るでしょうか??

TO BE CONTINUED
----------------------------------------------------
にほんブログ村 猫ブログ アメショーへ ポチっとお願いしますニャ

ぽちっ!とね2 ポチっと2もお願い出来ますか
コメントを投稿