2010年6月9日水曜日

デスパレートな猫たち 4


リュウくんはマナーを重んじる男の子。

法律も規則も通用しないこの世界では
お互いの良識によって秩序を保つほかないのだ。


リュウくんは自分がしっかりマナーを守れば、
いつか必ず相手も気付いてくれると信じていた。


しかし一年が過ぎ、リュウくんは学んだ。

気付かないものには
はっきり口に出して言うほかないということを。


しかしリュウくんはシャイな男の子。
相手に上手く伝えるのが苦手だ。

そうなったときのリュウくんの頼みの綱と言えば
あのお方しかいない。


リュウ:最近のルカたんのマナーの悪さには目に余るものがあります。
ララ姉から言ってやって下さいな。

ララ:そうね。ガツンと言ってやるわ。あの子の為だもの。


ルカたんの辞書に「マナー」なんて言葉はない。


ズボラな飼い主のせいでしっかり者に成長した長女。
ララ姉は教育熱心だ。


ただこの末っ子ルカたんは、かなり手強い。
この子がマナーを身に付けるまで
ララ姉とリュウくんの苦難が続くことは言うまでもない。



こういう考え方の者もいる。

DESPERATE CAT'S

----------------------------------------------------
にほんブログ村 猫ブログ アメショーへ ポチっとお願いしますニャ

ぽちっ!とね2 ポチっと2もお願い出来ますか
コメントを投稿