2010年3月2日火曜日

親バカ 〜ララ編〜


ララ:何、ジロジロ見てるのよ。

爽也:えっ?可愛いなと思って。

ララ:何をいまさら。気持ち悪っ!!




と言ってるのか、思ってるのかわかりませんが・・・
ララにはホント元気づけられています。
クールな目で瞬きもせずに、じっと見つめてきます。
すべてお見通し、すべて見透かされてる感じ。
だからこそ、こっちも背筋がピンと張って、毎日頑張れています。


ララは保護したとき、生後1カ月半くらいでした。
とても痩せていて、離乳食とミルクを交互にあげながら見守って
いました。
食が細いので、随分心配しました。


ララ:ちょっと何見てるのよ?


僕らの心配をよそに、お転婆で勝気なキャラを発揮しながら
スクスクと成長してくれました。


ララ:ケチケチしないで袋ごとよこしなさいよ!!


今でも食は細いんですが、「カニカマ」だけは、
我先に食らいつきます。

そんなララですが、実は相当の甘えん坊です。
今でこそ、お姉さんぶってリュウとルカに譲ってるようだけど、
ときどき手を差し伸べてやらないと、ひがんで怒ったように
鳴き出します。
それがまた可愛いんですけどね。


ララ:ここ安定感あるにゃー!!


ララ:ほげっ!!


ララ:やだ~ぁ、爽也ったら、やめて~~ぇ!


ララ:なんかおセンチね!
まあ飼い主なんだから、勝手に解釈する権利ぐらいは与えましょ!!

爽也:そんな生意気いうララがまた可愛いんですよ!!

ララ:アホ!あんたが勝手に言わせてるんだろ!!
----------------------------------------------------


にほんブログ村 猫ブログ アメショーへ ポチっとお願いしますニャ


ぽちっ!とね2 ポチっと2もお願い出来ますか
コメントを投稿