2010年1月28日木曜日

うれし泣き、男泣き



「 リュウ坊がスヤスヤ眠ってるよ!! 」

「 可愛いねぇ〜!! 」
中年のおじさん二人が、息を殺して
そっと、その寝顔を覗き込んでいる。

傍からみると、ちょっと不気味な光景かも。



今じゃ、スクスク育ち過ぎた感の否めないリュウ坊ですが、
我が家にやって来たときは、
精悍でキリッとしたお顔の男の子でした。



500mlのペットボトルくらいだったんですね〜!!
信じられない!!



性格の方は、臆病で人見知りが強くって、
なかなか僕たちにも懐いてくれませんでした。



何処に行くにも、何もするにもララの後をついて廻っていました。
ららもよく面倒をみてくれました。



そんなリュウ坊が、しだいに僕たちに心を許して、
「 頭を撫でてくれと、頭を突き出して来たとき 」には、
嬉しくて、男二人で泣き出しそうになりました。



「 それにしても可愛い寝顔だね!! 」

「 うん。どんな夢見てるんだろう? 」
コメントを投稿